クーパー靭帯とは

クーパー靭帯とは、バストの乳腺や脂肪をまとめるように支えているコラーゲン腺維の束であり、バストの形を保つ働きがあります。クーパー靭帯は、バストにとって非常に大切な存在なのですが、伸びることがあるので、場合によっては切れる可能性もあります。クーパー靭帯が伸びたり、切れてしまうと再生できないので、バストが垂れる原因になります。クーパー靭帯が伸びてしまうのは、バスト自体の重みが考えられます。重力の負担によるもので、体が動く際の揺れなどによって伸びます。外部刺激が長時間続くと、クーパー靭帯が伸びてしまうことがあるので注意が必要です。また、加齢も関係しています。体の結合組織は加齢によってゆるむもので、クーパー靭帯も例外ではありません。おなかがたるむのと同じようにクーパー靭帯も加齢によって伸び、バストの下垂を招くことになります。クーパー靭帯が衰えて胸が柔らかくなると、バストの下の部分のサイズは合っていても、バストの上部に隙間ができてしまうという事態になります。加齢によって弾力を失いつつあるバストに対しては、それを補うことができるブラジャーを着ける必要があります。クーパー靭帯を守るには、スポーツブラを着けたり、ナイトブラを着けるなど、シーンに合わせて、ブラの使い分けが大事になってきます。

エラスチンの性質と働き

エラスチンは、美肌成分として有名で、コラーゲン同士を結びつける働きを持ちます。繊維状のタンパク質であり、皮膚の真皮や血管、靭帯などに存在しているものです。エラスチンは、肌にハリや弾力を与える効果があり、血管や靭帯の柔軟性と伸縮性を維持する役割を担っています。また、しわやたるみ、動脈硬化の予防にも貢献します。エラスチンの健康効果は非常に高く、肌にハリと弾力をもたらしてくれます。エラスチンは、体内では主に、コラーゲン同士を結びつけて網目状に構成する働きをしているのですが、ゴムのように伸縮する性質があります。肌の弾力や柔軟性はエラスチンが大きく関係していて、靭帯や血管、肺など伸縮性が必要な組織にも関係しています。エラスチンは、水などの溶剤に溶けにくい性質があることから、これまで研究が進んでいませんでした。しかし近年、急速に研究が進み、エラスチンの形成過程や性質、役割などが明らかになってきたのです。エラスチンは、コラーゲン、ヒアルロン酸とともに、線維芽細胞によって生成され、新しい組織をつくることで、古くなった組織を分解して新陳代謝を促進します。

自宅でできる黒ずみ対策
ピューレパールの詳しい口コミレビューで参考になるサイトです。
http://www.leobeenhakker.info/