生理前に胸が張るのはなぜ?

女性は生理前になると胸が張ってきます。生理前には、いろいろな不快な症状が現れますが、その中で悩ましい不快症状の1つが、胸の張りです。強い痛みを感じたりすることもあるのでやっかいです。生理前に胸が張るのは、もっともプロゲステロンの分泌量が多くなるからです。生理が始まるとプロゲステロンの分泌量は減少するので、胸の張りは落ち着いてくるのですが、プロゲステロンの分泌量が多い人は生理が来ても胸の張りは持続します。プロゲステロンが多い人ほど、胸の張りは強くなり、痛みも感じやすくなります。胸の張りは、乳腺という組織が増殖することで起こるのですが、生理前の期間は、妊娠や出産に備えて体が変化します。出産後、母乳を出せるよう乳腺が発達するので、どうしても、胸の張りを感じやすくなるわけです。乳腺の発達を促すのがプロゲステロンという成分で、黄体ホルモンのことです。いわゆる女性ホルモンのことで、排卵後から生理が始まるまでの間、分泌量は増え続けることになります。生理前に胸が張るのは、妊娠や出産に備えた体作りの一環と言えます。

最新ワキガクリーム情報
クリアネオ
http://www.brymundy.com/