胸の大きさは遺伝で決まるの?

胸の大きさは遺伝で決まるのでしょうか。これは一概には言えませんが、遺伝もある程度は関係してきます。バストのサイズや形は人それぞれですが、容貌や身長と同じように、バストも親からの遺伝による影響はあります。

胸の大きさは、遺伝との関係が深く、遺伝と生活習慣が関与しています。ただ、胸の大きさに関しては、遺伝よりも、むしろ生活習慣の要因が大きいです。

胸が大きくなるのは、乳腺の発達が関係しているので、乳腺の発達がバストサイズに影響を与えると言っても過言ではありません。つまり、バストは遺伝というよりは、乳腺の働きによるもので大きくなっていきます。

女性は成長期に、乳腺が発達することで胸が膨らんでいきます。乳腺は、女性ホルモンの活動に左右されるので、女性ホルモンが活発であるかどうかがポイントになります。

活発であれば乳腺も発達して、バストが成長することになります。胸が小さい人は、思春期の成長期に、女性ホルモンが増加するのをストップさせる行為や、悪い生活習慣を繰り返している傾向にあります。女性ホルモンの働きは、思春期以外でも活性化させることは可能です。成長期の不摂生が原因で貧乳になったとしても、生活習慣を改め、適切なバストアップ法を実践すれば、胸を大きくすることは可能です。

バストの成長を助けるサプリ
ベルタプエラリア